尊敬する人々

【#東京大作戦1014】の個人的続き

本日、わたくし、立憲民主党の街頭演説に行ってきました。温度差のある夫を引き連れて(笑)

最近、党首の枝野さんに釘づけでして、若干ウザがられております。

でも、あの幹の太い軸の通った枝野節を聞けば聞くほど、感銘を受けるんですよね。

●誘導尋問には絶対引っかからない
●人を悪く言って自分を優位に立たせようとすることもしない
●答えられない質問には、これこれ、こういう理由で、その質問に答える事はしません、とはっきり言う

思考がクリアで感情もネガティブなエナジーで冒されていない、というか、相手の挑発にのって乱れることなく、本当に天と地と真っ直ぐ一本の幹で繋がっている方だな、と。

そういうところを見ると、ホント、尊敬してしまいます。

先日も、テレビで「政策がまだちゃんと決まっていないところもあるのにこんなに注目されてる、というのは、有権者に何がウケてるんだと思いますか」というようなことを聞かれていましたが、私は言いたい。
もしもし、コメンテーターさんよ、と(笑)。

もちろん政治は政策ありき。そこがぶれたら本末転倒。

だけど、細かいところよりも、なぜこんなに枝野さんが民衆の心をとらえていると思うんだい?
それは、はっきり言って人間性だよ、と。

もーね、漏れているのですよ、全身の毛穴から(笑)
彼なら、もう暴君を許さず、「まっとうな政治」をしてくれるだろう、と。

その『まっとうな』というフレーズに対し、「政治に使うには珍しくふわっとした単語ですね」と言われていましたが、私達が求めているのはそこなのです!と。

当たり前のことを、当たり前のプロセスをきちんと踏んで、勝手に誰かの一存で物事が決定されていかないような仕組みと基盤をもう一度作りなおしてもらいたい。それが、国民の声なんです、と。


はっきり言って、透明化したくても、現実はあまりに色んな事が複雑に絡んでいて、これはちょっと残念ながら全部を国民に伝えることはできないな、という判断になってしまう事だってあると思う。物事を決める時だって、一刻を争う事もある。

そういうやむをえない状況の時に、この人の決める事だったら、納得できる、と思える人。
それがリーダーの在るべき姿だと思うのです。

「民主主義は皆で物事を決めるもの。とことん話し合って、最後までどうしても決まらなかったら多数決で決める。そうすれば、反対派も納得する。それが民主主義の本来の在り方なんです」

こういう当たり前のことを基盤に信念として持っていてくれる、まっとうな人だからこそ、信頼できると思うんです。

今日、言ってました、街頭演説で。
「この人に投票してください、とは言いません。応援してください、とは言いません。一緒に戦ってください。」と。枝野さんが立ちあげた党じゃなくて、皆の声から立ち上がった党だから、と。

国民は、今の政治に怒っていたんです。
何とかしなければ、と皆思ってたんです。
そうですよね?
私も思ってたよ。でも、全然いいと思える党がなくて。
尊敬できる政治家がいなくて。
皆、半分諦めてたところもあったと思う。
でも、そんな人にこそ、伝えるべきだんだよね。

「みなさん、一緒にこの新しい民主主義の第一歩を戦ってくれませんか。どうせ政治なんて変わらないと諦めて距離を置く人がいます。でもみなさん、一人でも多くの人に声をかけて、草の根の民主主義を一緒につくってくれませんか。」


ホントにね、もう拍手が鳴りやまなかったですよ。
こんなに、私達の声を代弁してくれる人が現れたんだ、って。

枝野さんが私達を巻き込んでくれる感覚。

政治は私達のものなんだ、って初めて実感しました。

ツイッターフォローし始めた時、
党を立ち上げて一晩で、既に8万人もフォロワーがいました。10日経った今、17万5千人超え。
たった10日で、ですよ!

今回も政権を取り続けるであろう自民党のフォロワー数をはるかに超えて。

これは、もう国民の声ですよね。
私も含めて、サイレントマジョリティーが目を覚ましたら、すごい勢力のはずだぞ、と。

▼とりあえず、今日の演説、貼っときます!▼

枝野幸男 立憲民主党 代表 民主主義とは何か? 歴史に残る演説 新宿駅 (前半) 2017.10.14

枝野幸男 立憲民主党 代表 民主主義とは何か? 歴史に残る演説 新宿駅 (後半) 2017.10.14

今後について

今回は全員議席を獲得できても、まだ人数が足りないし、体制も整いきっていないから政権は狙わない。だけど、ここから大きくなって次回の選挙でひっくり返すことは絶対に可能だと思っています。

そこで思うのですが、若き新しい議員さんがたくさん出てくるのもいいと思うけど、それとは別に経験者でもまだまだ合流できる人材がいるんだろうな、と思うんです。

自分が意図しない派閥争いや、古い癒着体質の縛りのせいで不本意な動きをしてしまっていたけど、実はちゃんと本当の政治をやりたい、って願っている政治家たち。結構な数、いると思うんですよね。今までそういう思いを自己実現できる政党がなかったじゃないですか。
だから、新党が立ち上がって、私達が救われた気がするのと同じように、ここで一緒にやっていきたい!と思っている人達、たくさんいるはず。
人気があるから寝返るという人はお断りだけど、ちゃんと襟を正して、議員になったときに秘めていた熱い想いを胸に再出発、っていうのは全然ありだと思う。

組織でも企業でも、集団というのは、必ずトップの人の信念が基本的エネルギーとして流れます。
だから、いくらいい事を言っても、口だけのトップがいるところでは、いい志があっても叶わないんですよね。

でも、枝野さんのところだったら、それが実現できる。

だから、くだらない事に巻き込まれて本筋の仕事が出来なかったな、と反省する心がある人は例え一瞬フラフラしてしまった人でも、まっすぐに正直に自分のしてきた事を向き合える強さを持ってくれれば私はウエルカム!って思います。(私、何者(笑)別に党員ではない)

そんなこんなで、今日はもうホントに胸がいっぱいです。
日本、頑張れ!

本日は暑苦しくてすみませんです(笑)

リーダーってこういう人の事を言うんだと思う。前のページ

【辛口恋愛談義⑩】準備ができているオトコの見分け方次のページ

ピックアップ記事

  1. 【④辛口恋愛談義】世の中、いい男は結構いるもんだ。
  2. スピリチュアルな観点から見たコロナ騒動の意味
  3. 「モテる」あなたが結婚していないのに、恋愛経験少ない友人が結婚するわけ。
  4. 「バチェラー」に学ぶ、選ばれない女とは
  5. 人生が激変する「意図」と「あり方」。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. スピリチュアルな観点から見たコロナ騒動の意味
  2. セルフ備蓄で皆んなで引きこもろうプロジェクト
  3. 【人生の設計図ワークショップ。追加日程決定】
  4. 【人生の設計図】ワークショップを開催します。
  5. 磨くべくは、美味しいカレー屋さんを見分ける能力だ!(笑)

ARCHIVES

  1. Life Lessons

    恐れも制限も存在しない世界で生きる。
  2. Food and Dining

    断食したら起きた変化と「食べること」についての考察
  3. Life Lessons

    【人生の設計図ワークショップ。追加日程決定】
  4. Life Lessons

    スピリチュアルな観点から見たコロナ騒動の意味
  5. 尊敬する人々

    【#東京大作戦1014】の個人的続き
PAGE TOP