恋愛苦手男性の恋

【⑨辛口恋愛談義】ありのままの私を受け入れて、という前に。

ありの~、ままの~♪

姿見せる~の~よ~♪

いきなりちょっと古めのヒット曲からスタートした今宵の辛口恋愛談義。

 

オンナは皆言う。

「ありのままの私を受け入れてもらいたい」って。

 

いきなり、本音で疑問をぶつけてみるが
「ありのままの自分、ホントに知ってるんでしょうね、自分で!?」

どうだろう。

知ってる?

 

知らないんじゃないかな。

 

カウンセリングをしていても、女友達と話していても、いつも思うのは、ホントにみんな自分を知らないということ。

自分の強みも魅力もな~んも分かってない。

 

で、「ありのままの私を」とか言うw

 

そして、分かってないから、お見合いサイトのプロフィール欄に、とんちんかんなプロフィール書いて、すっとんきょーな写真を掲載する。

料理が趣味で、友達からも教えてくれ、と頼まれる程の腕前なのに
「”料理好き”とか書くと、料理目当ての人が来ちゃうから、書かないんだ!」と。

おいおい。
どんどん素通りしていくぞ。本当に届けるべき人、知らせるべき人が。
彼女の良さを知るよしもないまま。
万が一の失礼な男対策を、謎に優先させて。

 

これは、大好きな友達の話だが、彼女は献身的で面倒見よく、母性本能が強く、酒好きでノリがよく、酒にあうおもてなし料理が大得意な、いい女だ。

こんな女には、同じく酒好きで、グルメな男があう。
毎晩、一緒に晩酌しながら彼女の作ったおいしい料理を食べ、語り合う。

絶対に楽しいに決まってる。
そして、ちゃんと人に甘える事を自分に許している男なら、彼女の世話好きな性格は感謝され、歓迎されるべき要素だ。

彼女のオシャレなおもてなし料理はいつも最高で、コスパも見栄えもよく、女子たちに大人気で、女子会は彼女に教わりながら作った料理を囲み、盛り上がる。

彼女が料理がうまくない、というのならいったい誰がうまいのか、と私は思うが、当人は「料理が得意です」などと公言する権利がない、と思っているらしい。

前に付き合っていた男が言っていたそうだ。
「料理がうまいっていうのは、肉じゃがとかそういうものを作れるオンナのことだ。二度と料理がうまいなんて言うなよ」

なるほど、それか。
プロフィール欄に料理について書かない本当の理由。。

 

前から気に入らなかったけど、ホントにクズな男だ(私調べ)

彼女の良さが分からないまま去っていったとは、愚かなことよ。
まあ、もったいない事をしたことに気づくセンスも持ち合わせてないだろうから、期待もしないが勝手な価値観を押し付けて、彼女の自信を奪っていったことは、私は根に持つぞ(笑)

 

だけど、彼女がもしも自分をきちんと理解し、肯定していたのならきっと婚活サイトに載せるプロフィールも変わっていたはず。

「家庭的な料理はあまり得意ではありませんが、
シャンパンとワインにあう料理を作ってお友達と家飲みするのが大好きです。」

そして、作ったカラフルな料理たちの写真と一緒に笑う彼女の写真が載っていれば、こんな魅力的なプロフィールはない。人柄も趣味も雰囲気も伝わる。

それを見て、結婚生活を想像し、共感できる男が、ちゃんと見つけてくれるはず。

肉じゃがの写真なんてないから、誤解されるはずもないし。
きちんと自分の好きなことを堂々と語ればいいだけだ。

良さが分からない、または自分の特徴は男からは好まれないはずだ、と勝手に勘違いしているオンナはたくさんいる。
そして、デートで爪痕を残せない。

自分の魅力が分からないから、無難なプロフィールを書いて、無難なデートをして、次のお声がかからない。
相手の印象に残らない。
また、会いたい!とか「もっと知りたい」と思わせられない。

魅力がないからではない。
魅力があることを知らないが故に、醸し出すオーラに含みを持たすことができないからだ。

「私と付き合える人は幸せよ」と彼女が心底思っていたら、相手に好かれようが嫌われようが、堂々と自分の事を語るだろうし、その態度と雰囲気は相手を魅了する。

たとえ嫌われたとしても、趣味趣向が合わないから、など男性側も次のお誘いをしない理由がはっきりする。

一番怖いのは、「いい子なんだけどイマイチ、ピンとこなかった」っていう、にょろ~っとした理由。

自分の良さが分からないと、相手の喜びそうなトピックを膨らませるしかないと思い込む。
相手の顔色ばかりうかがって、無難なトークばかりする。

質問されても一般論で切り返す。

自分が分からないし、言ったとしても好まれる回答じゃないと困るので、ここはひとつ無難におさめておこう、と考えてのことだが、印象に残らない。

男からすると、ニコニコして話してくれるのは好ましいし、自分もおだてられて気持ちよく話せるからいいが、いざ家に帰ってみると、彼女について印象深いところが何もない。

つまり、好きでも嫌いでもない。

う~ん、なんでだろう。。
でも多少可愛かったし・・・まあ、気が向いたらまた誘ってみよう。

こうして、可もなく不可もないオンナは、本命にもなれないし、フラれもしない。

そして、いっこうに自分の婚活の何がいけないのかが分からないまま年月が流れ、
たまにさびしい時に連絡がくる、という、男にとって便利で、
女にしてみれば失礼な扱いを受ける存在になっていく。

これこそが、まさにホラーだ。

自分の存在が歓迎されない場や、良さを感謝してくれない人、のところに身を置いていると、自分の魅力が本当に分からなくなる。

「私は自分のことを魅力があるとは思っていませんが、あなたがみつけてください」

見せようともしない自分を、こじ開けてみてくれる人を探し、

「ありのままの私を好きになってください」

って、オイ。

せめて、自分で自分のありのままが何なのか、を理解し、語れるようになってから言わないと失礼じゃないの?その言葉。

って思うのは私だけだろうか。

次回は、ちゃんと「準備ができてるオトコの見分け方」についてです↓

ピックアップ記事

  1. 人生が激変する「意図」と「あり方」。
  2. ③ハワイで美味しかったもの、そうでもなかったもの:Cheese Cake Fac…
  3. 【④辛口恋愛談義】世の中、いい男は結構いるもんだ。
  4. 「バチェラー」に学ぶ、選ばれない女とは
  5. 【辛口恋愛談義⑩】準備ができているオトコの見分け方

関連記事

  1. Love and Partnership

    ①なぜ彼女ができないのか、と周りから思われる男性

    考えてみたら恋愛って不思議なものですよね。普通に考えると、一見…

  2. 辛口恋愛談義

    【④辛口恋愛談義】世の中、いい男は結構いるもんだ。

    前回の記事で、いかに見る目のない女が不幸な恋愛パターンにハマって幸せに…

  3. 辛口恋愛談義

    【⑤辛口恋愛談義】男は、女の無意識の期待に応える

    このシリーズで前回、いい男って結構いるもんだで、書いた≪人は無意識の期…

  4. 辛口恋愛談義

    【③辛口恋愛談義】見る目のない女はこうして不幸な恋愛をする。

    前回の記事では、見る目のないオンナの恋愛パターンを書かせてもらったが、…

  5. 恋愛苦手男性の恋

    【女性と距離を縮める方法】⑦なぜ彼女ができないのか、と周りから思われる男性

    では、覚えていれば、恋愛力が各段に上がる方法を説明しますね。そ…

  6. 辛口恋愛談義

    【⑦辛口恋愛談義】出逢いを作る5つの方法

    前回の辛口恋愛談義では、出逢いの秘訣をお伝えした。本日は、具体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. 断食したら起きた変化と「食べること」についての考察
  2. 常識よりも大事!親が子供に伝えるべき事。
  3. 【辛口恋愛談義⑩】準備ができているオトコの見分け方
  4. 【#東京大作戦1014】の個人的続き
  5. リーダーってこういう人の事を言うんだと思う。

ARCHIVES

  1. Love and Partnership

    自己犠牲と、愛を受け取る技術について。
  2. Life Lessons

    人生に挑む!
  3. Food and Dining

    断食したら起きた変化と「食べること」についての考察
  4. Love and Partnership

    ①なぜ彼女ができないのか、と周りから思われる男性
  5. Life Lessons

    恐れも制限も存在しない世界で生きる。
PAGE TOP