Life Lessons

スピリチュアルな観点から見たコロナ騒動の意味

世の中、大変なことになっていますが、国内、外での悲惨な状況、そして感染者、亡くなってしまった方々とそのご家族にお見舞い申し上げるとともに、健康と心身の回復をお祈りいたします。

そして、大変心苦しいのですが、私なりに思うことがあるので、一旦今ある現状から少し目線を外し、スピリチュアル的な観点から、今回のコロナについての騒動について書いてみようと思います。

まず思うのは、ここまでの出来事が起こるというのは、人類全員で乗り越えて行かないといけない試練であるとともに、ちゃんとこの課題に取り組めば、次元が上昇するほどの大きな変化を地球規模で遂げられる可能性と直面している、ということ。

今までの様に、社会やコミュニティがなんとなく方向を指し示してくれる時代がいよいよ終わり、個人個人が個性を持って自分の魂の声に従って各々が自由に生きていく、という個人性の時代へシフト中だということ。そして今回の騒動は、その変容して行くプロセスの真っ只中に、起こるべくして起こっている出来事の様に思うのです。

いろんな人が言っていますが、コロナのせいで、自宅勤務が言い渡され、家から働く、というのは、こういう事でもなければ体験できなかったことだと思います。もちろん業種もありますし、実際会わないと仕事にならないこともあるとは思いますが、それでも、集まる必要のあるとき、ない時のメリハリをつけて、「毎日オフィスに行かなくても、なんとかなるやん!」という手応えを感じてる会社も結構あるんじゃないかな、と。


未来の働き方に対して大いなるヒントになることと思います。

これって、同時に自主性が必要になる。。
「上司に言われたからやる」「皆んなやってるから同じ様に仕事する」、みたいな外部的要素で働かされていては、結構仕事が捗らないことになります。

自分で自分を管理するのって意外と難しいものですから。

そして、自主性って、自分でやりたい事だと、どんどん出て来ますよね。ということは、仕事に対しての考え方も変わってくる人が多くなってくる、ということではないでしょうか。自分から提案する様になったり、そもそも職種を間違えていることに気づいたり・・・

好きなものが見つかるチャンスかもしれないですよね。

変化の途中って、必ず混乱がつきものですが、これを自分と向き合うチャンスと捉えて自分の心境の変化を存分に堪能しながら今の状況に身を任せてみると、意外と楽しめるかもしれません。

そして、これは急に旦那さんがリモートワークで毎日家にいて、家事が増えた!と困惑している方々にとっても言える話です。

私は、現在は基本的に仕事は大体全部オンラインにしまして、夫も現在リモートワークで家にいるんですが、なんというか、お互い家にいるのに黙々と自分の仕事をしている状況になんとなく不満を感じました。

このモヤモヤはなんだろう、と自分に問てみると、「あ、なんだ、私。つまんなかったんだ」と(笑)

真顔でずっと電話会議に出てる夫ばかり見せられて、私と居る時の雰囲気と違うし、お互いパソコンに向かって集中していると、なんだか倦怠期の夫婦みたいで、その雰囲気が気に入らなかったんですよね。

そして、メリハリの無さにもうんざりしていたみたいです。

やっぱり朝起きて、面倒でもシャワーして支度して、「よし!今日もいっちょ、頑張るか!」って出ていくのって、いいじゃないですか。

画像2

副交感神経から交感神経にパチン!とスイッチ切り替わるみたいな。

私自身は毎日同じ時間に出かける仕事形態ではないけど、家族にそうやってサイクルを生きてくれてる人がいると、なんか生活にリズムがありますよね。

夜更かしして海外ドラマみた翌日なんて、お弁当作ったり(気が向いた時しかやらないんだが)見送ったりするのが、やってあげたいんだけど面倒で舌打ちしそうに(笑)なることもあったけど、ああ、あれって実はありがたいことだったんだなあ、って再確認できました。

なので、それに気付いてからは、運動不足解消も兼ねて、休憩時間を合わせて二人で散歩に行ったり、買い物行ったりする様に心掛けたら、メリハリもできてお互い気分が凄く良くなりました。

何が言いたいかと言いますと、この時期、自分が被害者になるのではなくて、旦那さんの働き方が変わった事によって、自分が感じている不自由さがあるなら「どこが苦しいのか」、「何だったらOKなのか」、自分を知るチャンスだと言うこと。

この変化、変容のプロセスを、どう自分についての発見や喜びに結びつけていけるのか、楽しんで観察してみてください!ってことです。

個人性の探究が進む、と言う件に関しては、講座を一つできるくらい深くて大きい話ですので、ここでは言い切れませんが、とりあえず今回のコロナが生み出した不自由さは、結局それぞれが自分に合った仕事や、人との関わり方が変わっていく、これからの変化に一役も二役もかっているよね、と言うことです。

画像1

最後に一番大切だと思うのは、「世界が病んでいる」と言うのこの状況は、同時に「皆で取り組める課題を共有している」とも言える、と言う点です。

個人性が進む、と言うのは、自分さえ良ければ、と言うことではなく、自分らしく生きることを選択できるようになることによって、相手と自分が違うことを尊重する、ということに繋がっていくということ。

これは、多様性を認めた上で自分のできる事で全体と協力し合うレベルが上がっていく、ということだと言えます。

これが叶っていくと、凄くすごく生きやすい時代が来る。

それを楽しみにしたいな、と思うのです。

=======

ということで、最後にニーチェの言葉で締め括ろうと思います。

There are no facts, only interpretations.
 
 事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。

****

みなさん、この大変な時期、前向きな解釈をしながら、切り抜けましょう!

ポジティブに物事がいい方向に行っている、と信じながら、でも現実も見て、内側と外側のバランスをとる事。

そして、周りがどんなにカオスな状況だとしても、自分が平和な光の球体の中にいる事を毎朝想像して、自分の中心(軸)にい続けてください。

明るい気持ちで来年のオリンピックを迎えられますように!

セルフ備蓄で皆んなで引きこもろうプロジェクト前のページ

世の中が保留になっても、自分の人生は保留しない次のページ

関連記事

  1. Life Lessons

    子供だって愛する母を幸せにしたい。

    人を大切にする事は、人としてとても大事な事だ。でも、それと同じ…

  2. Life Lessons

    人から賛同してもらえない時の考え方

    先日、あるお友達から、私が避けられている事を知った。理由は、鋭…

  3. Life Lessons

    人生が激変する「意図」と「あり方」。

    人にお願いごとや文句がある時、意図と行動は、次のうち、どちらが効果的か…

  4. Life Lessons

    本気にならない理由

    人が自分の人生に本気にならない理由はたくさんあるけど最終的には…

  5. Life Lessons

    恐れも制限も存在しない世界で生きる。

    子供のポテンシャルってすごいな、といつも思います。ある時、おば…

  6. Life Lessons

    今を生きる。それしかない。

    「今を生きよう」という言葉はよく言われるけども、今だけ楽しければいい、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

最近の記事

  1. 自分にあった婚活スタイル方とは
  2. 木村花さんの件を通して思うこと
  3. 世の中が保留になっても、自分の人生は保留しない
  4. スピリチュアルな観点から見たコロナ騒動の意味
  5. セルフ備蓄で皆んなで引きこもろうプロジェクト

ARCHIVES

  1. Life Lessons

    恐れも制限も存在しない世界で生きる。
  2. Notes and Others

    【人生の設計図】ワークショップを開催します。
  3. Life Lessons

    【人生の設計図ワークショップ。追加日程決定】
  4. Reviews

    バチェラーに学ぶ、選ばれる女とは
  5. 国内旅行

    ダイヤモンド富士の初日の出を拝みに、はとバスツアーに参加しました。
PAGE TOP